2018年04月26日

天皇賞・春2018を予想、今年は人気馬で堅く決まる?

こんにちは。
京都の競馬予想屋さん田中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ登録がまだの人は登録しておいて下さい

重賞レース予想や穴馬情報が届きます!
http://www.mag2.com/m/0001001280.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞・春の枠順が発表になりました。

唯一のGI馬シュヴァルグランは6枠11番
前哨戦・阪神大賞典を勝ったレインボーラインは6枠12番
日経賞覇者の“上がり馬”ガンコは3枠6番。


現時点での天皇賞・春2018の予想をしてみます。

天皇賞・春2018ポスター競馬予想馬券的中.jpg


能力上位は
シュヴァルグラン
レインボーライン
クリンチャー

中でもシュヴァルグランが
頭ひとつ抜けています。能力的には。



しかし、1番人気が来ないのも
天皇賞・春の特徴。
悩みどころですね。




ダークホースてきなのは
ガンコ
サトノクロニクル 
アルバート
チェスナットコート




さらに穴馬候補は
ミッキーロケット
トーセンバジル
ソールインパクト



上位の馬は強いですが
下位人気馬が頻繁に穴を空けるのも
天皇賞・春の特徴ですからね。


穴馬の取捨が馬券ゲットの
ポイントになりそうです。




さて、メンバー的にはG2
みたいな感じの天皇賞・春2018ですが



個人的には、三浦と藤岡佑が初のGI勝利
となるかどうかに注目しています。



GIでは何度も健闘している両騎手だけに
ここはどちらかに獲らせてあげたい!


クリンチャーもガンコも
大チャンスでしょうからね。



posted by 京都の競馬予想屋さん at 17:52| 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。